天鳳自省録 その14

おかげさまで五段まで堕ちて燻っております。

やりすぎ感

自分はトップ率より二位率と三位率のほうが高いのが最大の悩みである。それもあって取れるトップは絶対に逃したくないところ。

ただこの仕掛けは果たしてトップ率を高めているのだろうかという話だ。上家が持ってくれば早々に切ってくれそうという読みもあったとは思うが、とはいえ点差的には焦りすぎず、かといって慎重になりすぎないという中間の選択肢を取るほうがトータル的には安全にトップを取れたのではないだろうか。

ベタオリ何切る

どうでもいい手で早めの立直を受けてしまった。

こういう場面で「(下家から見ても)一枚切れの中:麻雀王国」と「(自分からだけ)二枚見えの北:麻雀王国」って安全度に差があるのだろうかって考えてた気がするけど、そんな細かいこと考えずにとりあえず二枚連続で切れる北:麻雀王国を選択したほうが得な気はする。なんなら暗刻の七索:麻雀王国のほうがマシまであるのかな。やはり数順稼げるのは大きいのかもという話。

親のホンイツなら打点を見たい

なんとなく仕掛けちゃったけど、このポンは最強役であるホンイツの可能性を狭めてしまっているだけな気がする。とりあえず満足できる5,800以上にするなら一気通貫狙いとか、赤引きとか、中:麻雀王国重なりとか、若干のチャンタとか色々な可能性が眠っているけれど、ここで焦ってオタ風をポンするとその全てが遠のいてしまう。まだ序盤だしもう少しツモに聞く余裕を持ちたかった。

期待値期待値期待値

最近、「麻雀何切るシミュレーター」という便利なものを見つけた。これまでは別の方法で期待値を計算していたのだが、こっちのほうが圧倒的に楽である。

その上でこの場面を測ってみると九萬:麻雀王国落としが正解なわけだが、自分はすべての両面が惜しくて五索:麻雀王国をツモ切り、そしてアガリ逃しをしてしまった。単純な牌効率ミスなわけだが、それに気がつける手段が手に入ったことは良かったと思う。

後のことを考えよう

オーラスで僅差の二位。親は北の暗刻落としで回りつつの形聴復活狙いだろうか。ここで仮に対面と自分の二人聴牌の場合は僅差でトップになれることもあり、可能な形聴は逃したくないところ。

ただここで「チー三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国」だと恐ろしいことに残る手牌は親リーに対して全て無筋である。かろうじて九筒:麻雀王国がワンチャンスということぐらいだろうか。残り三順とはいえさすがに見合わない状況である。たかが形聴されど形聴とは言うものの、もう少し後先を考えて狙いたいところだ。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)