天鳳自省録 その13

降段前のも混ざってます。

自分が得をして、相手が損をする選択を

ここから索子のターツを落としにいったわけだが、染め手っぽい親に対してドラ含み&真ん中の牌を連続で切っていくのは無謀。七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国を落とすか、いっそのこと仕掛けずに門前で進めていくとかのほうが良さそう。ライバルの仕掛けに対してだからこそアガリの価値も高いわけだが、それにしても損のほうが大きそうだ。

攻撃に傾きすぎない

ドラ二枚かつ先行リーチの現物四索:麻雀王国が自分の中筋でもあったので追いかけたのだろう。ただ南場のトップ目でそこまでのリスクを追うべきかというと微妙。ライバルの親も流れそうだし、さっさと降りたほうが得になることのほうが多そう。

どちらが高打点に繋がりやすいか

メンホン七対子かホンイツトイトイかの分岐。二枚目の南:麻雀王国をポンして対対和に向かってみたが、アガリやすさと打点のどちらの点においても七対子狙いで良かった気がする。トイトイ狙いでも道中で五筒赤:麻雀王国を使うなどすれば満貫も見えてくるが、ほとんどの場合に5,800もしくは7,700止まりになりそう。

心理的にトイトイを仕掛けずに後悔する場面が多かったから、なんとなく仕掛けてみたのだと思う。ただこの巡目で焦り過ぎ出し夢を見なさすぎだ。

三色にこだわりすぎない

点数状況もあって三色に固執しすぎた場面。純チャンも見ていたのだと思う。ただ対面との差は5600点差と割と僅差な方であり、過度に手役にこだわる場面でも無かったと思う。

おそらくここまで我慢の連続で、終盤に訪れた魅力的な手に溺れて夢を見すぎたのだと思う。しかしここで打一索:麻雀王国だったとしても三色の可能性は残しているし、高確率で好形テンパイにたどり着ける。理想と現実を良いバランスで追い求めたいところだ。

打点がないなら手役を見ればいいじゃない

「断ヤオ確定しているならこっちのほうがアガりやすいか」と六萬:麻雀王国を切ったのだが、一人麻雀練習機によれば微差で七萬:麻雀王国切り優位とのこと。言うまでもなく三暗刻が残るかどうかの差である。

七萬:麻雀王国切りは九索:麻雀王国引きで役なし嵌張待ちになるというリスク? もあるわけだが、ドラも無いこの手は三暗刻の可能性を大きく見るべきということなのだろう。点数的にもラスとは大きく離れているわけで、打点重視の選択をしたほうが得ということだろうか。もし九索:麻雀王国を引いたとしてもツモ切ってしまえばいい話だ。

振聴との戦い

振聴ターツを残して進行していたが、残り巡目も少ないということで仕掛けも効いて振聴も解消できる断ヤオへ移行。ただ受け入れが窮屈すぎるし、守備駒である九索:麻雀王国を手放してしまうのは不安も残る。トップ目ということもありそこまで強引な進行はしなくて良い気がする。

満貫ベース

3900点でもいいかと振聴受けのピンズターツを残したが、やはりここは満貫を狙ってホンイツを目指すべきだったかもしれない。そう思うのはこの後に西:麻雀王国が重なったからかもしれないが、とはいえ構想の中途半端さがにじみ出ている。

やはり基本は満貫狙いであり、それを巡目や場況や他家の仕掛けなどを加味して下方修正していくのが技術である。

手替わり豊富に気がつく

親でドラ1で二索:麻雀王国待ちならそこそこ良いと思って即リーチとしたが、さすがに勿体ない。両面変化はもちろん、萬子と筒子の横伸びに期待してもいい。さらに一筒:麻雀王国を引けば三色が確定するなど、手変わりを期待するだけの要素が非常に多いのである。感覚的には6巡目ぐらいまでは手変わり待ちでも良いと思う。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)