天鳳自省録 その11

降段以降、ポイントが増えません。

仕掛けも視野に

「鳴いて5,800点」も見越して一筒:麻雀王国は持っておかなければならない。下家から出和了りできればトップ終了となるしこの場面では有効だ。やはりいまだに三色は見逃しやすい。

メリットの少ないリーチ

打点十分&現物待ちということで鉄ダマの場面。前回で親番では打点効率を最大に上げるべきなのでダマテンは損になりやすいと言ったが、さすがにダマの条件が良すぎる。調子に乗りすぎた。

一方で下のような場面ならリーチでいいだろう。残り枚数は少ないが場況は悪くなく打点上昇効率も良い。ダマの悪い例だ。

下手な差し込みをしない

状況的には対面のリーチに差し込みしようとしている場面。しかし結果としては親への放銃となってしまった。

親の仕掛けが無い場合なら差し込みを狙うのも有効な場面に思えるが、ここまでもつれ込んでいるともう遅く、親への無筋を切るのは危険性が高い。

上家が子か、ドラがヤオ九牌なら狙ってみても良いかなという感じだろうか。

満貫コースを消さない

役々ホンイツを狙っている場面だが、この場面では3枚切れの東:麻雀王国を持つぐらいならドラを残して役々ドラドラのコースも想定しておくべきだ。持ち点的にも安全牌を持つメリットは少ない。ホンイツを狙っていると他の色の牌を手拍子で切ってしまいがちだが、その都度柔軟な選択をしていくべきだ。

後付けの押し引き

打点はあるとはいえ後付けで押すなら序盤までだろうか。それに加えて親相手ではさすがに分が悪い。

おわりに

手牌価値と相談しての押し引きはそれなりにできるようになってきた気がするが、最後のような巡目や親相手を加味しての押し引きはまだ苦手意識がある。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)