天鳳自省録 その10

第10回を迎えたが反省は尽きることなく。

リードは広げるもの

トップ目ということでダマにしていたが、ここは親番ということでリーチしておくべきだった。これが子だったらダマでアガってさっさと親を流すというメリットがあるわけだが、親は和了連荘があるわけなのでそれなら打点上昇の恩恵を最大限に預かれる選択をするべきである。

それにまだそこまでダントツのリードというわけでもない。二位とはまだ二万点以内でしかも親番も残っているなどセーフティとは言えない状況だ。ここはトップを取るために恐れずにリーチする場面だ。

オーラストップ目全ツッパ

オーラストップ目でラス目からのリーチ。それだけ聞いたらオリるのが正解なわけだが、この場面は絶対に押さなければいけない。

まず二位の親は放銃しようがまず順位変動の恐れは無いわけなのでオリの選択は取らずに聴牌維持するだろう。そう考えるとノーテン罰符で順位が入れ替わるわけなので、自分も絶対に聴牌を維持しておかなければいけない。

単純な話なのだが実践の場で即座にこういった判断をするのが意外と難しい。

鳴く順番

役牌を二つとも鳴いたところでリーチをかけられてピンチ。

この状況の良くないところは發:麻雀王国から仕掛けてしまったことにあると思う。とりあえずこの段階では發:麻雀王国はスルーして安全牌&雀頭候補として取っておくのが攻守の両方においてバランスがいい。仮に赤ドラを引ければ發:麻雀王国を鳴かずとも高打点なわけだし、仮にそうならなくても数牌で雀頭を作った後に發:麻雀王国ポンという可能性もある。

いくら高打点が望めるからといって何でも鳴けばいいというものではない。副露の順番に繊細でありたいところだ。

過度に臆病にならない

僅差でドラ受けリーチをかけたくないので内に寄せたところ、自巡にドラをツモって苦悶。

希望的観測かもしれないが、この場面は僅差と言っても3位とラスは競っているので、2位のリーチが来れば基本的にはオリ寄りになるのではないかと思う。なにより3巡目のリーチというのはそれだけで強い。さっさと五萬赤:麻雀王国を切ってリーチすれば良かったかなと思う。

もうひとつとしては、元から嵌張でリーチをかけたくないなら四筒:麻雀王国を手元に残しておくべきということだ。テンパイしてから変化を見るのはやはりロスが大きい。

七対子は諦めが肝心

終盤に上家がリーチをかけてきたところで七対子テンパイ。片スジの四萬:麻雀王国を押したところで放銃。

基本的に七対子は先手を取るからこその役であり、後手を踏んだ時点でかなり不利になる。それが終盤ならなおさらだ。さらにここで切るのはドラ側の四萬:麻雀王国か宣言牌近くの五索:麻雀王国である。これだけの条件が揃っていればオリてしまっていいような気もする。現物の六索:麻雀王国を落としつつ再度テンパイできるかどうかに期待だ。

振り込んじゃいけない人に歯向かわない

東一局でハネマンを振り込んだ上家が嫌な仕掛け。自身もドラ3ということで二枚目の西:麻雀王国を強行したが満貫の放銃となってしまった。

もちろん危険なことは理解していたが、ドラ3あるということで押した。しかしこの手は逆に言えば「ドラ3あるだけ」であり形としてはかなり悪い。もう少し良形テンパイになるように進められたら放銃に見合ったのかなと思う。

もうひとつは、天鳳では放銃してはいけない相手がいるということだ。この場合は点数的に落ちている上家がそれである。その点を考慮して押すのをグッと堪えるのも選択肢のひとつだったのかなと思う。

反省点としては以下の似たようなものだ。

点数的に競っている下家に食らいつきたいところだが、一方でここで親リーに放銃すると点数的にラスがかなり近づく。平和のみのテンパイだし、ここもおとなしくオリて良かったように思う。せめて「一発なし」「無筋ではない」のどちらかの条件を満たしておきたい。

おわりに

最近は少し副露を多めにするようにしたら成績が向上してきていい感じだ。やはり門前を重視しすぎたのだと思う。現状では良いバランスで戦えていると思うので維持していきたい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)