天鳳自省録 その1

主に天鳳で気になったorやらかした場面を取り上げて、次への改善に繋げようという記事です。天鳳プレイヤーにとっての反面教師になったり、またはメシウマの種になったりすれば幸いです。

選択の後先

僅差の三位で迎えたオーラス。頑張ったら二位になれそうだが、一歩間違うとラスに転落しそうな状況。

この場面ではドラを持っているのが怖くて先に2mを切ってしまったが、3m引きや重なりを考慮して一萬から切れば良かったかもしれない。危険牌の先切りは必ずしも間違いではないが、結果的には下家にドラポンをされて最悪の逆転ラスに繋がってしまった。ラス目以外が聴牌したら迷わず降りる場面なので、引き気味に打つべきであった。

フリテンリーチの是非 

聴牌となる8sを引いて、振聴にもかかわらずリーチしたこの場面。事前の想定では良さそうな9sと7pのシャボ待ちにするつもりだったのだが、反射的に両面待ち(振聴)に受けてしまった。つまりはミスである。両面信仰の末路と言える。

結果的には当然ながら和了できなかったのだが、ここで考えたのはフリテンリーチの有用性についてである。忌み嫌われがちな振聴だが麻雀を打っていれば必然的に生じる現象であり、それをひとつの戦略として考慮しておくのは幅を広げることに繋がる。それなのに振聴について論じられている戦術書というのは少ない。数字的な正解というのは定めづらいのである。

振聴については個人的にそれだけで一記事書けるぐらいの奥深さはあるが、とりあえずフリテンリーチをしかける場面というのは

  1. 点数的にどうしても打点が欲しい場合(ツモ確定&確実に他家の点数を削れることから)
  2. 待ちが多く、出和了りに期待しなくてもいい場合

の二種類ぐらいだろうか。さらに言えば天鳳では立直が来たら反射的にベタオリすればいいと思っているプレイヤーが多いので、よりフリテンリーチの有用性は高まると感じている。

役牌ドラを切るタイミング

これは自分が役牌ドラを中盤以降まで持ちすぎて、勝負をかけて手放したらまんまと跳満を放銃した場面である。

ドラの役牌というのは見切りが難しいところだが、この手牌ではおそらく5巡目あたりで断ヤオへ進むと想定していたはずなので、その段階で切るべきだっただろう。鳴かれたら降りればいいし、鳴かれなかったら前に進めばいい。ロン牌になるであろう中盤まで持つのが一番愚かだ。

ラスのときこそ冷静に

ツモられまくりで点棒減りまくりのラスで迎えた南3局。雀頭を求めてツモを続けていたところで欲しかったドラを引いたので単騎上等と立直をしてしまった。結果的には上家の流し満貫という珍しすぎる結果となったが、それを差し引いてももう少し上手く立ち回れた。

まずここまで他家の仕掛けはまったく無しだったので、ドラ待ちでも出た可能性はあったのかなと思う。それならばもっと良い待ちになるまで黙聴が最善だった。出和了りでも打点的には十分なわけだし。

ラスという状況に飲まれて冷静な判断ができなかった典型だ。ここで5000点以上を和了れればラス回避の可能性はかなり和了るので、打点を意識しすぎるあまりに和了の可能性を低くする必要性はない。

ラスのときこそ冷静に 2 

こちらもツモられ和了れずで点棒が減った状況だが、それに耐えられずに暴牌してしまった状況。見るのも恥ずかしい。

一応この段階で考えていたのは4巡前に切られた6mのおかげで少しはドラが切りやすく見えて、それさえ乗り切れば後は通る牌ばかりなので立直を蹴れるかな、と思っていた。ただ今思えばドラを使いたいからこそドラ周囲の牌を先切りするっていうのは普通にあるわな。

ここで落ち込んだのは、事前に決めていた基準を自分が守れなかったことだ。以前の記事にも書いたが自分が意識しているのはオーラス時に「2万点以上」か「3位まで8000点以内」であって、さらに押し返すときは「満貫」か「両面待ち」を条件としている(例外もあったりするが)。この場面ではそのすべてを守れていない。一向聴だし打点も足りないし、振り込んだら絶望的な状況でもある。

麻雀というのは自分なりに定めたルールに則り、それを結果によって修正するのが成長の近道である。それが前提として行われないと理論もクソもないわけなので、その点でこの打牌は最悪だ。

おわりに

事前の想定よりも真面目な内容になってしまった。やはり現状ではラス時に冷静な判断を失ってやらかすことが多い。押し引きというのは天鳳で最も大切なのに、そこが弱点になっているのはもったいないと思う。まずは半荘を乗り切る集中力と思考力が必要だ。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)