天鳳自己満録

「自省録」を書いていて思った。人は悔いるだけではなく、褒められないと成長できない。しかし周りを見渡しても誰も褒めてくれる人間は存在しない。だから自分で自分を褒め称える記事を書こうと思った次第である。

そういうわけでこの記事は天鳳における自身の牌譜から、ファインプレーと思われる場面を抜き出して自画自賛していきます。

攻守兼用の黙聴

現状で争っている下家に役ありとドラポンを許してしまった。そこで平和ドラ1の聴牌となったわけだが、和了率の上昇と放銃回避のために黙聴とした。結果的にはこれが功を奏して対面から2000点の和了に繋がった。

これまではリーチ至上主義だったのだが、この場面で黙聴の効用を身を以て理解したように思う。結果以上に成長を感じた瞬間だ。

捨牌は山を語る

個人的にノベタンがあまり好きではないのに加えて、親の捨牌が怖い&ラス目の下家が混一色模様という気の進まない状況。

しかし場を見てみると四萬:麻雀王国六萬:麻雀王国が三枚見えの状況であり、五萬:麻雀王国八萬:麻雀王国はべらぼうに良さそうだ。何よりここで和了っておくとラス率が大きく下がる。ドラ1なのでそういった情報が無くともリーチだったとは思うが、そこを理解していたからこそ自信を持って決断できた。

理想はツモ五萬赤:麻雀王国だったが、結果的には八萬:麻雀王国をツモり、加えて裏1で2000・3900の和了となった。初歩的な山読みだが、それに結果が伴ったときの快感は非常に大きい。

捨牌に対する甘さを捨てる

ラス争いをしている対面がリーチの中筋を切ったところ放銃となった。結果的にはこれが対面がラスを引く決め手に。

六萬:麻雀王国は自身も持っていたわけだが、これを切る気はまったく無かった。その前段階で対面が完全にオリていないことは察知していたので、南:麻雀王国一筒:麻雀王国などの共通で通りそうな牌を溜め込んでいたからだ。

もちろん競っているからこそアガリやケイテンを目指すことも大事だが、とはいえまだ東場である。対面の手を見ていないのでどちらか正しいのかは微妙だが、この場面に関しては大局観を持っていた自分が正解だったと言えるだろう。

アシストはオーラスだけではない

自分はトップ目は愚か、二位でさえも難しい点棒状況。そんなときにラス目の対面が連荘していて嫌な雰囲気に。とにかくこの親はさっさと蹴りたい。そんなときにダントツトップの下家が早い仕掛けをしてきた。

明確にアシストしたというよりは半々ぐらいなのだが、この場面では鳴かれても上々ぐらいの感覚で四萬:麻雀王国を切ってみた。するとまんまと下家が鳴いてくれて、その後すぐに対面からロンとなった。値千金の親流れである。

考えていたのは配牌から自分のアガリが難しいということ。さらにこの状況で役牌を切り出していって対面に鳴かれたら自分が不利でしかない。かといってドラを切って下家に鳴かれたらそれはそれで放銃が怖くなる。それならば打点も上がらなそうな四萬:麻雀王国を下家にアシスト気味に切るのは悪くないと思ったわけだが、あまりに事が上手く運びすぎて気持ちよかった。

配牌オリの効用

東一局ということで景気よく行きたいが、配牌から国士すら微妙という最も悪い状況。それにもかかわらず他家は鳴きまくって完全に置いていかれてしまった。

そういうわけで「できたらいいや」ぐらいの感覚で七対子を狙いつつ、少しでもきな臭さを感じたら溜め込んだ安全牌でオリるという戦法を取ることに。これはMリーガーの多井隆晴氏が得意? とする「配牌オリ」に近いやつだが、順位点が大事な天鳳のほうが活かしやすい考え方だと思う。初めてやってみたがアガリから完全に未練を断ち切って守備に徹することができるというのはわかりやすい。点棒が平たくまだまだ先行きの不透明な序盤や、それとは逆に大勢が決したダントツトップのときなどは特に選びやすい戦術になるだろう。

この対局は全員が競った状況でオーラスを迎えたが、結果的には自分がアガリトップを決めた。それはこの東一局で攻めたい気持ちを堪えて我慢したからこその結果だと思っている。

おわりに

自分で始めた試みながら途中から書いていて恥ずかしくなってきてしまった。そういうわけで「自己満録」はこれで最後になるのが濃厚である。

0


2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)