大谷

大谷がWBCの出場を辞退した。プロ野球の歴史上でも類を見ない選手を世界大会で見れないのは非常に残念だが、それ以上に気になるのは辞退に至るまでのゴタゴタである。いまだに何が真実なのかがよくわからず気持ちが悪い。大谷、引いては日本ハムというチームの対応に不信感を抱いたのが正直なところだ。

ただ大谷の怪我が悪化しても困るし、出れないなら出れないで仕方がない。残ったメンバーでなんとか勝ち上がっていってほしい。それにしても強化試合の体たらくからメジャー組の不参加続きなど、今年のWBCはかなりグダグダしている印象である。試合が始まってしまえばそんなの気にならなくなるのか、それとも最後までグダついたまま終わってしまうのか。ここ数年、世界大会における侍ジャパンは明るい話題に事欠いているので、前者であって欲しい。

4


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)