外耳炎になっちゃった

数日前から左耳が痛むので痛み止めを飲んだりして対処してきたのだが、治る気配がないので耳鼻科へと行くことにした。無駄に健康なのが取り柄なので自主的に医者のもとへ行くのは十年以上ぶりだ。しかも耳の痛みの治療というと嫌でも鼓膜切開を想像してしまうので、かなり怖がりながら医院へと向かった。

受付を終えて順番が来ると、細々した機械が併設されたいかにも医院らしいビニール製の大きな椅子に腰掛けさせられた。この時点でこの世の終わりのような顔をしていたと思うが、先生が耳の中を覗いてすぐに「あー腫れてますねー」と見慣れたものに対するときの言い方をしたので安心した。驚きの早さで「外耳炎」と診断され、点耳薬と抗生剤によって治すと告げられた。耳に刃物を突っ込まれる覚悟で臨んだのでかなりの脱力であった。それでも掃除や消毒の機械を耳の奥の方まで突っ込まれたときは生きた心地がしなかったが。

まだ耳は痛いし完治までには遠いのだが、やはり医者にかかったという安心感が大きい。朝晩2回の点耳薬と毎食後3錠の抗生剤という薬まみれの生活で耳を一刻も早く治していきたい。

4


1件のコメント

  1. なにが原因でなったんでしょうね?耳掃除しすぎたとか?
    早めにお医者さん行けて良かったですー!お大事に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)