夏の終わりの

気づけばオリンピックも甲子園も終わっていた。正直なところ両方とも熱心に追いかけていたわけではないが、終わってしまうと毎日にどことなく張り合いが無く感じるのは現金なものである。

日本はメダル大量という結果に終わったが、同時に世代交代の気配を感じさせる種目も多かったように思う。東京オリンピックでは顔ぶれが大きく変わっている可能性も考えられる。すでに新星が誕生しているので心配ないと思うけどね。とにかく自国開催の前のオリンピックを盛り上げることができたのは良い結果を呼ぶだろう。

甲子園に関しては抽選の魔力で強豪が序盤でバタバタ消えていくし、花咲徳治はベスト8に行けないしで熱中できるとまでは言えなかった。決勝も誤審騒ぎがあったり、序盤で結果が決まってしまったりで微妙な展開であった。ただ決勝まで満足のいく甲子園なんて稀な気もするけど。欲を言えば化け物じみた選手がひとりでも欲しかったとは思う。

あと一ヶ月もしたらプロ野球も終わってしまうわけだし、唐突に夏の終わりを感じる。このままだとあっという間に今年も終わってしまいそうで怖い。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)