埼玉は敗け、埼玉が勝った

リアルタイムでは見られなかったが、花咲徳栄が敗けてしまった。去年の覇者が二回戦で散ってしまうのは空しいものはあるが、ただ内容を見れば終盤に一矢を報いているので悪くない試合に思える。徳栄の健闘は当然称えるものとして、今後は浦和学院に望みをかけていきたい。

一方で西武ライオンズは初回に多和田が6失点して敗色濃厚の展開ながら、徐々にオリックスを追い詰めて最終的にサヨナラ勝利を決めた。プロ野球というのはファンとしては選手の気持ちを想像しにくいものだが、今日の試合は選手もやはり勝ちたいのだなと思わせる試合内容なのが良かった。個人的にはあらゆる点で今年一番のゲームだったと思う。こういう運びができるなら西武は間違いなく優勝できるはずだ。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)