冬空を駆けろ

約10日ぶりに走った。なぜそんなに間が空いてしまったかというと、ひとえに艦これイベントのせいである。そっちに100%のエネルギーを向けるあまり、他のことが何も手が付かなかった。個人的には充実していたのだが、客観的に見たら残念な一週間である。

腹筋→ランニングという個人的定番の流れに、ひさびさということで肩の筋トレメニューも加えてみた。ランニングも筋トレも、やっている最中は特に特に衰えも感じずにこなすことができた。ただ翌日になって肩・腹・足がまんべんなく筋肉痛になったので、水面下で弱くなっていたのだろう。「筋肉はそう簡単に衰えない」という話をよく聞くが、さすがに2週間近くまともな運動をしないような生活だと維持機能も限界を迎えるらしい。ジワジワと元に戻せるように精進せねば。

この一週間でめっきり冷えてきたので、ランニングの際には去年に引き続きレッグウォーマーを装着した。これで去年の寒さ対策装備であるネックウォーマー、手袋、レッグウォーマーの三種の神器を全て投入したこととなる。正直なところこれだけでは普通に寒いのだが、あまり着込んでも走り出してからだと暑くなるのでこのぐらいが安定である。極端に欲を言うなら、あらかじめ厚手のウィンドブレーカーでも着込んで走り出して、温まってきたぐらいにそれを脱ぎ捨ててランニングを継続したい。そして帰り道に回収したい。ただ道を戻ってきたときにそれが置いてあるかどうかの保証が無いので、現実的には到底無理である。短めのコースを何周もするような感じであれば可能なんだけどなあ。

この時期に怖いのは、やはり怪我だ。身体が温まりにくいので、準備運動は念入りに行う必要がある。去年のこの時期は足を怪我して辛い思いをしたので、最新の注意を払っていきたい。特に最近は準備運動をサボっていきなり走り始めることが多いので。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)