冬の季語らしく

風邪。なんとなく最近は体のリズムにズレを感じていたし、それをランニングで修正する荒療治を試みたのが、逆にとどめとなったようだ。弱ったところをまんまとウィルスに乗っ取られてしまった。

いつものパターンである。まず朝起きると喉が痛くて、それが始まり。そこから時間が経つにつれて鼻水。熱まで出てきたら本物である。二日も寝ていればたいていは治るが、そればかりは実際に経過を見ていかないとわからないので、この風邪が治癒するタイミングは神のみぞ知る。

とにかく今日明日と静養するに尽きる。空気をよんだのか、ひさしぶりに猫が寝床にいないので足を伸ばして眠れそうである。

1


1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)