六月のランニング、午後三時

今日は少し早めに15時ごろに走ってみた。暑い時間だが、まだ夏本番ではないから大丈夫だろう。ランニングは明るいうちに終わればそれに越したことはない。

今日は風がそれなりに強いし、陽射しも強くない。6月末にしては走りやすい日である。いつもどおりの調子で走りきれるかと思っていたが、やはりそんなに甘くはない。最初は好調ではあったが、折り返し地点でバテバテになってしまった。水分がほしすぎる。完全に甘く見ていた。結局は歩いたり、途中で休憩したり、また走り出したりを繰り返して帰ってきた。途中で見知ったおっさんが向こうから走ってくると思ったら親父だった。

今日のようなそれなりに走りやすいと思われる気候でこの辛さなので、これから夏が本番になっていくにかけて水分補給の必要性が高まっていきそうだ。また足の裏が痛くなったのだが、これは膝から下の筋肉が弱まっているときに起こりやすい症状である。ぼちぼち筋トレをする必要も生じてきたのかもしれない。問題点は多いが、とにかく怪我をしないことを第一に考えていきたい。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)