令和初ランニング

令和初とは言うがそもそも間が数ヶ月空いたので感慨深いとかは無い。ひさしぶりに走ろうと思った理由としては暖かくなってきたというのもあるが、それ以上に運動不足を感じたからに他ならない。階段をのぼるだけで軽く息が上がっている自分に気づいたときは絶望した。またランニングは脳を活性化する効果もあるということで、これが麻雀に生きればいいという考えもあった。

走ってみると案の定というか、足よりも内蔵が主に痛い。ときおりスピードを上げてみるものの速度に呼吸がついていかない。途中で歩いてはまた走り出すということを繰り返していた。

ただ経験則的に心肺機能は続けていれば簡単に向上するので特に気にはしていない。続けていれば自然と平気で走れるようになるだろう。週一は走りたい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)