付箋ディスペンサーを買ってみた

本などに付箋を貼る時に両手を使わないといけないのを面倒に感じたので、付箋用のディスペンサーというのを買ってみた。

台がそれなりの重みになっているので片手で引っこ抜いても持ち上がったりすることもない。ティッシュ感覚で付箋を取り出せるというわけである。

使い心地としては理想的ではあるのだが、ただ問題点もあった。まず付箋のサイズが一般的なものよりも大きい。ToDoメモ的に使うにはちょうどいいのだろうが、本にベタベタ貼るには過剰な大きさなのである。またディスペンサー自体もコンパクトではあるのだが、いざ買ってみると置き場所に困る程度には邪魔だ。完全に個人都合の文句でしかないのだが、手元に置いてみて判明する「これじゃない感」が悲しい。

やはり馴染んだものを買えばよかったと後悔した。自分のお気に入りはこれである。

このタイプなら手首で押さえつけながらとればかろうじて片手で扱えるし、なによりこのカラフルな見た目が好きだ。何色を使うかどうかの楽しみがそこにある。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)