今月の天鳳

今月は地獄の降段を味わったわけだが、それに発破をかけられたのか意欲的に打ち込む月となった。

まず特上卓の成績だが当然ながら悲惨なものとなっている。

  • 1位 8戦 173%
  • 2位 12戦 260%
  • 3位 12戦 260%
  • 4位 14戦 304%

計46戦だが、ただでさえラスのポイント減少が大きいのにこれじゃあ降段して当然という感じ。

次に上級卓の成績。

  • 1位 26戦 268%
  • 2位 26戦 268%
  • 3位 21戦 216%
  • 4位 24戦 247%

合計97戦。降段直後もしばらくはラス続きだったが、月後半の好調でだいぶ持ち直すことができた。四段復帰ももうすぐだ。

直近ではラス回避をするための基準として「オーラスまでに20,000点以下にならないこと」を意識している。どうしても20,000点を割ることもあるがそのときは「三位との点差を8000点以内」を目指しながら打っている。自分がラスになるのはオーラス間近で焦って致命的な放銃をしてしまうパターンが多かったのだが、基準を設けることでそうなることはかなり減ったように思う。

11月は可能なら300半荘ぐらいは打ちたいところだ。打ちまくればラスによる失点も薄まるわけなので、打数は正義の意気込みで臨みたい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)