ヴァルキリープロファイル 初回プレイ感想

まず想像以上に面白かったことを言っておく。古典的なRPGというよりはシミュレーション、アクションと様々な要素が融合したゲームだということは理解していたが、それが実に良いバランスで組み合わさっていた。キャラクターが死に至るまでのストーリーを追うのは観劇のようだし、またダンジョン攻略も謎解き要素とアクション要素によって単純に探索するよりも奥深くなっていると感じた。また戦闘についても攻撃の順番やタイミングが重要となっていて臨場感がある。またグラフィックについても美麗だし、立ち絵も表情豊かで見応えがある。

そういった様々な要素が、基本となるロールプレイングをさらに面白くしていると感じた。初回プレイなのであまり偉そうなことは言えないが、率直な感想を言うならそんな感じだ。いろいろな要素を詰め込みすぎて鬱陶しくなるゲームが多いが、名作と名高いだけあってそんなことは全く感じられない。やはりこの時代のプレステRPGは良い。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)