ワインはすぐ飲もう

正月あたりに開栓に失敗したため部屋に放置しておいたワインをついに飲んだのだけれど、謎のチョコ風味がしたため断念した。味が無くなるとか、酸味がキツくなるとかであればまだワインの範疇を逸していないので飲めると覚悟していたのであるが、そこに全く想像もしていなかったカカオの存在が介入してきた。途端に怖くなったので一気に飲む気も失せてしまった。飲めない味では無いのだけれど、ワインがチョコ味になったという事実はさすがに怖い。

「ワインは寝かせると美味くなる」という通説に預かることは、どうやら自分にはできなかったらしい。ちゃんと保存できる環境を用意しないと下手に寝かせるものでは無いのだろう。そもそも中にコルクが混入してしまっていたし、栓は紙蓋だったしで問題だらけなので「寝かす」という言葉を使う事自体が間違いなのかもしれないが。

最近はワインもかなり克服できてきたので期待していたのだが、かえってワインに対して嫌な思い出を増やしてしまっただけなような気がする。次は開栓を絶対に失敗しないということと、買ってすぐに飲むということを戒めとしておこう。

4


1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)