ムネリン引退

去就がまったく明らかにされていなかったので不気味に思っていたが、やはり引退となったようだ。「自律神経の病気」が原因とのことで、残念ではあるが仕方がないのかなとも思う。メジャーではムードメーカーとして親しまれていたが、本人の心の内では並々ならぬ心労があったのかもしれない。自分は『逆境を笑え』を読んでその前向きな考え方に感銘を受けたが、今となってはそれも彼の表面的な部分をなぞっただけのような気がして複雑な気持ちがしないでもない。とはいえ野球を辞めたからといって人生が終わるというわけでもないし、新たな方面で活躍してくれることを祈っている。球団も復帰の余地を残しつつ話し合いを進めるということで、まさかの引退撤回という逆転ホームランにも期待したい。やはり選手としての姿が見たいのが率直な気持ちだ。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)