ミスタースリーラン

昔は中日ファンで、そのなかで山崎武司が特に好きな選手だった。いつしかオリックスへ移籍が決まってしまい残念だったのだが、その頃に台頭してきたのが森野将彦選手だった。その時代の中日には川上憲伸、山本昌、立浪、福留、荒木、井端とスター選手が勢揃いだったのだが、当時の自分は有名な選手よりはあまり注目されていない選手を応援することにハマっていた。そんな捻くれものにとっては山崎武司と入れ替わるように現れた森野将彦という選手はかなり魅力的な選手だったのだろう。右投げ左打ちの中距離バッターでチャンスにはめっぽう強い。レギュラーに定着するようになったときは嬉しかったのを覚えている。

今や地元の西武を応援するようになったので引退の知らせを聞いてもそこまで悲しいという気持ちはないが、その頃の自分を思い出すとノスタルジックな感情に包まれる。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)