ポーカー教室にのぞむ

わかっているようでわかっていないポーカーのルールを勉強するために以下の本を買った。

ポーカー教室 (カジノブックシリーズ)
ポーカー侍
パンローリング
売り上げランキング: 169,129

麻雀本といい表紙が萌え絵の本が増えているのはウケが良いからなのだろうか。個人的にはあまり好きではない。しかも読んでみると表紙の女の子が登場するというわけでもない。どこへ行った。

内容としてはホールデムの章の半分ぐらいしか読んでいないが、対話形式でルールが解説されているのでそれなりにわかりやすい。ただベット額のシステムが微妙に複雑なので一読しただけで覚えられそうになかった。それ以外だと専門用語も頭に入りにくいので反復して覚える必要がありそうだ。

当初はもう少し難易度高めの本を購入しようと思っていたのだが、この本でもそれなりに苦戦しているので結果的にはちょうど良かったと思っている。まずは滞りなくゲームを進行できるぐらいの準備をしてから本番に臨みたい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)