プロ野球の閉幕も近い

今日はサブロー選手の引退試合だった。QVCマリンの「サブローーーーーーーーーーーーー」がもう聞けないのは非常に残念である。最後の打席でツーベースヒットを放ち、塁上で涙を拭う姿は感動的だった。

引退試合をやっているのを見るとシーズンも終わりに近づいていると感じるが、実際のところその裏では日ハムとソフトバンクが絶賛首位争い中である。実際には今日の日ハムの勝利、ソフトバンクの敗北で、日ハムの優勝の可能性がかなり高くなった。ソフトバンクの連覇は正直もう飽き飽きとしているので、このまま日ハムが優勝することを個人的にも願いたい。逆に、もしここからソフトバンクが奇跡の逆転優勝でもしようものなら、パリーグ他球団は絶望に打ちひしがれることになってしまう。ソフトバンクの支配からは逃れられないという思いを抱くことになるだろう。それだけは避けたい。

だいたいあと一週間でパリーグの全試合は終わる。西武ファン的には個人タイトルぐらいしか楽しみは無かったが、盗塁王争いをしている金子が怪我をしてしまったので、それにも期待できない。とにかく来年に希望が持てるように、内容の良い試合を見たいものである。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)