プリパラを振り返り忘れていたじゃねえかコノヤロウ

2016年最後の記事はあまり綺麗にまとめすぎるのも気持ち悪いのでざっくばらんな感じにしたのだが、ざっくばらんにしすぎて肝心のプリパラについて言及することを全く忘れていた。自分がプリパラに本格的にハマったのは紛れもなく去年からであり、それに触れずして2016年を語ることはできない。あまりにも生活の一部になりすぎていて振り返ることすら忘れていた。

しかしいざプリパラを振り返ろうと思っても、なにから振り返ればいいのだろうか。そもそも自分はどうしてプリパラを好きになったのだろうか。ある程度まで道を突き進んでしまうと入り口がどのような形状だったかを思い出せないものだが、プリパラについては単純に自分がアニメに求めたい要素がかなりの割合で詰まっていたのだと思う。自分がアニメに求める要素と言えば「キャラクター」と「狂気」である。アニメを見るならやはり登場するキャラクターを心から好きになりたいし、王道展開ばかりよりも少々の狂気があったほうが楽しめるものである。プリパラはその要素を満たしていたし、さらに言えばそれが「女児向けアニメ」であるということも興味に拍車をかける結果となった。女児に向けて作っているくせに蓋を開ければキチガイアニメという事実だけですでにおもしろい。またこれは伝えづらいが、子供向けに作られたアニメに大人である自分が魅力を見出している一種の優越感というか、特別な存在である自負というか、マイノリティであることの喜びというか、そういった感情も自分を後押ししているひとつの理由になっていると思う。おそらくこれはプリパラに限らず、プリキュアやアイカツなどを視聴している大人のお友達全般の奥にある共通の感情ではないだろうか。実にさまざまな理由が折り重なって自分は導かれた存在ではあるが、大まかな理由を言えばそんな感じだろうし、これから気づいていくような理由もあるのだと思う。

あと聞かれてもいないのに語るが、自分は「南みれぃ」というキャラクターが最も好きである。彼女がいなければ主人公の真中らぁらもプリパラアイドルになっていなかったわけだし、また彼女自身にも挫折したり立ち直ったりといったドラマがある。表では風紀委員のくせにプリパラの世界では「ぷり」とかいう語尾を使っちゃうわけわからなさも好きだし、なにより才能に恵まれない部分――あくまで他の主要キャラと比較しての話である――を努力の積み重ねでカバーしているところも好きである。最近は女神姉妹やらノンシュガーやらが話の中心になることが多く、みれぃが目立ってないのでそろそろ初期メンバーたちにスポットライトを当てた話が欲しいところ。

残りは今季放送された箇所について簡単に感想でも述べていこうと思う。直近でもっとも大きい展開と言えば、真中のん率いる新チーム・NonSugarが誕生し、そして既定路線どおりにグランプリ優勝もかっさらったことである。ノンシュガーは非常に魅力のあるチームだと思う。のんは言わずもがな、ちりさんもペッパーも今までにない個性を持っていて良い。特にちりが喜怒哀楽が激しく、変顔もあったりとおもしろいので好きである。地味にプリパラ内のちりの方が好きかもしれない。また、らぁらの誕生日回では全世界待望の姉妹ライブが実現し、また合間の小休止の回にもカオスが散りばめられており話題には事欠かない回の連続だった。ただ先ほども言ったように新チームにスポットが当てられすぎて既存のチームの影が薄くなっているので、年明け以降は原点回帰のような回があってほしい。新曲もそろそろ聞きたいし。

以上で振り返りは終わり。プリパラも3期で終了が濃厚と言われていたが、真中らぁらを主人公とした新シリーズが無事発表された。それ以外の情報はまだ謎に包まれているが、とりあえずはプリパラの血脈が受け継がれたことに安心するばかり。

 

4


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)