ブルーチーズクライシス

ブルーチーズを購入してみた。自分は昔はチーズが嫌いな食べ物の代表だったのだが、年齢を重ねたことと酒を飲むようになったことでそれなりに食べられるようにはなってきた。そんな折に気になってきたのが「ブルーチーズ」である。調べてみるとブルーチーズは独特の臭いと青カビの強い塩気が特徴的であり、チーズ好きの間でも好みが分かれるという。普通のチーズに苦手意識はいまだにあるが、ここまで尖った存在であれば逆に好物になる可能性があるかもしれないという謎理論が買うに至った経緯である。

届いたものを開封してみると、銀紙から開ける前段階ですでにちょっと臭い。そして開けたものがこちらである。この段階で部屋には強烈な臭気がたちこめている。

恐る恐る小指の先ほどの量を口に含んでみたのだが、バジルのような風味と塩味があってそれなりにイケる。それならばと先っぽに齧りついてみたのだが、その瞬間に口の中に強烈なエグミと臭みが襲ってきて盛大に吐き出した。とてもじゃないが食べられたものではない。百歩譲って最初のようにちびちびと食べていけば無理なこともないが、臭気が強すぎて一刻も早く目の前から消えてほしいのでそんな悠長なことは言っていられない。残すにしてもラップをしたぐらいでは臭いを閉じ込められないので冷蔵庫に臭さが充満するのが目に見えている。完全に詰んだ状況である。

最終手段として牛乳で溶かしてチーズソースを作ってみることにした。完成したソースに試しにパンを付けて食べてみたのだが、固形が液体になっただけでやはり不味い。しかもその間に台所が悪臭地帯と化してしまっており、その頃には気持ちが完全に萎えてしまっていた。ソースはそのまま流しに捨てた。

固形で食べられなかった場合はカルボナーラにして消費しようと構想していたのだが実際にソースを作ってみた感じではとてもじゃないが無理そうである。残り6ピースも残っているのだがどうすればいいのだろうか。頃合いを見計らってゴミ箱にフリースローするかもしれない。

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)