ニベアを使い分ける

なんとなくニベアの「青缶」と「スキンミルク(ボディクリーム)」の両方を常備しているのだが、そもそも違いがあるのだろうか。調べてみたところ成分に大きな違いはないらしく、単純にクリーム状か乳液状かの違いということのようだ。確かに缶のニベアは伸びが悪く広く塗るのには向いていない。そういうときにスキンミルクの方が活躍するのだろう。

改めて調べてみると、青缶のほうにはホホバオイルやスクワランなどの保湿成分が配合されていない。明らかにスキンミルクよりも上質なのである。つまり可能ならば全身に缶の中身を塗りたくるのがベストなのだろう。ただ再三言うように伸びが悪すぎる。そこで使い分けが大事となる。自分は顔や手先などはクリームを使用し、腕や足の全体にはスキンミルクを使っている。ニベアを使いこなして肌を健康に保っていきたい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)