デカすぎて困る

肥料を与えるようになってから一ヶ月ほど経過するが、ここで過去と現在の姿を比較してみたいと思う。

これは粒状の肥料を与えた時の様子だ。新しい葉が生え始めているものの、全体的に枚数は少ない。

そしてこれが約一ヶ月後――つまり現在の姿である。何が変化したかというと上手く説明はできないが、強いて言えば全部変わった。

 

まずひとつひとつの葉も茎も明らかに巨大化したし、その数もかなり増えた。数えたら12枚もあった。夏だからなのか、まめに肥料を投入しているからなのか要因はわからないが、飛躍的に成長したのは確かだ。植え替えをした時は「この植木鉢に見合うような大きさになーれ」みたいなことを考えていたが、こんな短期間で実現するなんて正直考えてもいなかった。モンステラの成長力恐るべし。

そういうわけで成長したのは嬉しいのだが、困ったこともある。もともと大小4本の株が同居しているので、ここにきてスペースに窮しているのである。もともと出窓もそれほど広くないので、葉がカーテンに引っかかったりして正直邪魔だ。

もしかすると4本を別々の鉢に植え替えるということも必要になるかもしれない。モンステラの画像を見ると大半がひとつの植木鉢にひとつの株となっている。バランスを考えるなら自分の場合もそのほうがいいのかも。ただ植え替えはなかなかの重労働なので、いまいち決心がつかない。鉢もそれぞれ用意しないといけないし、土や底石だって必要だ。めんどくさいです。

7


1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)