セイレン(鹿アニメ)の途中感想

第4話で一人目のシナリオが完結を迎えた。森島先輩のシナリオを視聴したときほどの衝撃は無かったが、官能的で扇情的で性的で、ひとりめとしては景気のよいスタートだったのではないだろうか。

はやくも第五話が放送されたのだが、アマガミと同様に先週までの話はパラレルワールドという設定のようである。今度はクールな先輩が攻略対象となっているのだが、かなりカワイイ。自分はやはり年上が好みなのか、正直なところ既に常木さんより好きである。たまらんのである。

今回もやはりヒロインひとりあたりに4話が割り振られた2クール構成のようだ。春まで楽しめるとは最高ではないか。残されたヒロインはどれもがどれも気になって仕方がないが、特に三条るいせと上崎妹が楽しみで仕方がない。滾る。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)