ウイスキーとドライフルーツは本当に合うのか

ウイスキーはドライフルーツにも合うと聞いたことがあるが、これまで実際には試したことはなかった。幅広いおつまみの中でわざわざドライフルーツを試すこともあるめぇという考えだったわけだが、この暑さでスナック菓子などのおつまみもクドく感じて来たので試してみるに至った。

まず結論としては、ドライフルーツだからといって全てがウイスキーに合うわけではない。例えばパインやクランベリーなどの柑橘系の酸味が強いものはウイスキーと合わせることで良い風味となるのだが、単に甘みの強い種類のフルーツは合わない。特にレーズンは黒糖のような濃い甘みがあるくせに酸味が皆無なので、ウイスキーと合わせると口中が甘ったるさの温床になってしまい駄目だった。

総合的には微妙という感想だ。これをお供にウイスキーを飲むぐらいなら他のものにしたほうがいい気はする。ただ果物なのでビタミンや食物繊維が豊富な点は見逃せない。ウイスキーを飲むときに油っこいものは嫌だが一味ほしいときには最適なのかもしれない。ただドライフルーツもそれなりにカロリーが高いことには留意したいところだ。

とはいえ酒とフルーツが合うというのはそれだけでも奇跡と言えるのかもしれない。日本酒とドライフルーツの組み合わせなんて想像するだけでもゾッとする。

3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)