インフル予防接種あれこれ話

二週間前ぐらいの話だが、去年に引き続きインフルエンザの予防接種を打ってきた。完全にコロナに話題を奪われているが、かといってインフルエンザを見くびっていいわけでもない。

去年は予防接種を打ってから数日は頭痛がしてダルさが尋常じゃなかった。ワクチンを打ち込むとそういうことは結構な確率で起きるらしい。ただ今年はそういうこともなく一安心、と思いきや注射したところがかなり腫れた。痛みは無いが痒い。そして腫れているところだけ熱い。おそらくそこでワクチンと身体の中の門番みたいなやつがせめぎ合っているのだろう。

それだけならいいのだが、しばらくすると腫れの反対側に乳首みたいな痣が浮かび上がってきた(Twitter参照)。見れば見るほど乳首で本当に気持ち悪かったのだが、これは数日もすると腫れとともに治っていた。これも身体に異物が入ったことによる反応の一種なのだろうが心臓に悪い。

1+


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)