イチロー

イチローが今年の試合には出場せず、特別補佐としてチームに帯同することが発表された。これは実質的な引退と考えていいだろう。

自分はイチローという存在をひとりの偉人として尊敬していたので、彼が打席に立つ姿を見られなくなることの喪失感は想像以上のものがある。ただシアトル・マリナーズに殉じていきたい気持ちを語るイチローの姿には非常に純粋なものを感じた。それに対して不満の気持ちなどはあるわけがない。こっちが泣きそうになるぐらいには悲しいが。

来年にマリナーズの開幕戦が日本で行われるようなので、そのタイミングがイチローの引退試合ではないかと言われている。イチローの選手としての最期が近づいていることを常に頭に入れておきたい。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)