やっぱつれぇんだもん

自分のプリ☆チャン感想記事を眺めていたら色々な思いが溢れてきて急に切なくなってきた。2018年から始まり、152話もの記事を書いてきた。終わるのはなんとなくわかっていたし、実際にそれが発表されても仕方ないと達観していたのだが、ここに来てその重みに気付いてしまった。もっと早い段階から心の準備ができていれば良かったのに。

それだけ情熱を注げるものがあったことは幸せじゃないかと大人の自分は言っているのだが、子供の自分は終わるのが嫌でひたすら駄々をこねて泣いている。内面はそんな状況だ。

+2

コメントを残す


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)