それにつけても西武

日本代表に熱狂しているこの頃だが、それでも西武ライオンズの試合を見ると興奮せずにはいられないあたり、やはり自分は野球以前に西武のファンなのだと感じる。

オープン戦の様子を見ると、メヒア、おかわり、山川などのスラッガーがその打棒を存分に奮っており、来季への期待をせずにはいられない。栗山、浅村などは経年で安定しており、もはや心配する余地はない。投手に関しては例年通り特にポジティブ要素もなく、安心する余地はない。

そんないつもどおりの西武ライオンズの姿を見ると、桜の芽吹きより何よりも春の訪れを感じるのである。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)