さくらももこ

ひさしぶりに「ちびまる子ちゃん」の漫画を読んで思うのが、さくらももこの文章は上手いということである。本編の合間に裏話などが書かれているのだが、それがとにかくおもしろい。さくらももこといえば後に書いたエッセイもベストセラーになったことでも有名だが、話題性だけではなく売れるべくして売れた本なのだと実感させられる。

そういうわけで買ってみました。

自分のなかで「さくらももこと言えば漫画じゃろ」という固定観念があったのでエッセイには見向きもしてこなかったのだが、やっぱりおもしろかったですわこの本。読んでいるのは活字なのに、頭のなかではちびまる子ちゃんの漫画を読んでいるような不思議な気分にさせられる。さくらももこ曰く、ちびまる子ちゃんはエッセイを漫画にした「エッセイ漫画」というジャンルに当てはまるらしいが、このエッセイは逆に漫画がそのまま文章になったような印象を受けた。

この流れで「さるのこしかけ」を読んでみたい気もするが、なぜか今は「コジコジ」のほうが読んでみたい気分になっている。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)