がっつり酒を飲んでみた

余っているウイスキーを消化するにはやはり飲むしかないという結論に至り、寝る前にやってみることにした。約三ヶ月ぶりのウイスキーだったのだが、それだけ間隔が空くと色々な変化を感じることになった。

まずすぐに酔う。タンブラーの1/3ぐらいの量でかなりふわふわしてきた。以前はタンブラー一杯ぐらいで酔い始めていた気がする。耐性が無くなっているのかもしれない。

また酔い方も違う。以前は気持ちよさが勝っていた気がするが、今回は頭が重くなるのが気になった。あまり良い気分ではない。

そしてひさしぶりに寝起きに二日酔いの感覚を味わったがかなり辛かった。寝起きに頭が痛いことがこんなに鬱陶しいとは思わなかった。以前は当たり前のことのように思っていたのに。

総合的にはあまり良いものでは無かった。そんなに楽しくもなければ気持ちよくもないし、起きると頭が痛い。以前のような感覚はもう味わえないのかもしれない。酒がなくても平気になったので良いことなのだろう。そしてまた酒の処分に困ることになった。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)