お酒を控えています

今まではブログで「お酒控える」的なことを言ってから減酒を実行し、それでことごとく失敗してきた。そもそも、正直なことを言えばそこまで真剣にやめるつもりも無かったという事実もある。ただランニングとは違い、酒に関してはそれが悪い方向へ働いているのかもしれないと思ったので、今週は個人的に秘密裏に酒を控えるようにしていた。そうしたら思いのほか冷静に飲まないという選択肢を取ることができた。なぜランニングは宣言したら継続できて、酒は黙っていたら控えることができたのか。そのあたりの心理の違いはわからないが、とにもかくにも存外お酒を飲まなくても大丈夫なもんだ、というのが確認できたことが知れてよかった。

これを機にお酒との向き合い方を変えようと思っている。お酒が悪いということではないが、ほどほどで留めるに越したことはない。今後は安くて美味しくて量もそれなりのお酒を、週末にチビチビとたしなむ。それが理想である。

お酒とゲームというのは似ている。別にそれ自体は悪くもないし、そこから得られるものも多い。ただ量が多くなってしまうと途端に牙をむいてくるものである。楽しむことができて、かといって後で後悔をしないような程よい段階で留めることがベストなのだろう。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)