いる本・いらない本

本の整理が苦手だ。できればすべての本を手元に置いておきたのだが、そうもいかないので必然的に取捨選択の必要性が生まれてくる。そういうわけで自分の中で「読み返すこともないであろう本」を選んでいくのだが、そうすると途端にすべての本が必要の無い本に見えてきてしまう。極端な話をすれば本なんて読み返したくなったら買い直せばいいだけの話なので、手許に置くべき本なんてものは存在しないのではないかという冷めた感情が芽生えてくるのである。

ただそれでは買った本があまりに気の毒なので今度は「これだけは手放したくない本」を先に決めていくのだが、そうすると途端にすべての本を手許に置きたい衝動に駆られてくるのである。

おそらく「読み返すこともない」という自分の判断はあっているのだろうし、「これだけは手放したくない」という感情も嘘ではないのだと思う。だから難しい。

3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)