あんこに敗北

洋菓子好きのあんこ嫌いというのをひとつのアイデンティティとしていたが、最近になってあんこに負けそうになっている。饅頭やどら焼きといったものを普通に食べられるようになってしまっている。しかも美味しい。

以前ならあんこというのは単に甘いだけのどうしようもない存在というイメージだった。しかし最近はそれを包む皮の味を最大限に引き立てるのに必要最小限の甘さを持っている粋なやつという印象を持つに至っている。バランスが良いのである。

あんこが好きになったというのは年を重ねることによる味覚の変化もあるのかもしれない。まだ完全に好きになったのを認めたくはないが、仮にそれが真実でも好きなものが増えるのは悪いことでは無い気がする。

3


2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)