ありがとうイチロー

湿っぽい感じにはならないとは思ったが想像通りの引退会見で安心した。記者の誘導尋問や意図の不明な質問を容赦なく突っぱねるイチローが好きだ。自分もそこまで感傷に浸ることなく様子を視聴することができた。

イチローの生きている時代に生まれ、その全盛期をリアルタイムで見れたということはそれだけで誉れだと思う。イチローという存在はそれほど自分のなかでは大きいし、彼ほどの存在が今後の野球界に現れることは想像できない。そんな偉大な選手が引退に後悔はないと晴れやかな表情で語ったのだから、自分はイチローの意志を尊重したい。プロ野球選手やメジャーリーガーという肩書はなくなるが、これからもひとりの野球選手として人生を謳歌してほしい。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)