【麻雀】喉元過ぎれば不調を忘れる

6戦目にして特上卓で初めてトップを取れた。そこからは嘘みたいに順調で、今のところ六連続で連対となっている。おかげでレートも1900近くなったのでとりあえずは安心だ。

やはり特上卓という場を特別視するあまり縮こまりすぎていたのかもしれない。レートにも余裕が生まれたわけなので、ここからは淡々と打つことを心がけていきたい。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)