【野球】西武の戦力外通告選手が発表

あまり人気のない野球記事を三日連続で書くという暴挙に及ぼうと思う。シーズン終了間近ということでいろいろとニュースが舞い込んでくるのである。今回は残念ながら戦力外を通告されてしまった選手のお話。

西武は7名が発表された。

  • 岩尾利弘投手(30)
  • 佐藤勇投手(23)
  • 上本達之捕手(36)
  • 渡辺直人内野手(36)
  • 木村昇吾内野手(37)
  • 鬼崎裕司内野手(34)
  • 大崎雄太朗外野手(32)

まず渡辺直人、上本達之らベテラン勢が戦力外となったことに驚いた。両選手とも今年になってもそこそこ試合に出ていた選手だったからである。二人とも球団の功労者であるし、ムードメーカーとしても非常にありがたい選手だった。個人的にはどういった形にせよ球団に残っていただきたいと思っている。あまり他球団には渡したくない。

また佐藤勇も驚いた。若手で150km投げられる左腕ということで第二の菊池雄星になれると思っていたのだが、この段階で切られるということは首脳陣としてもよほど絶望的だったのだろう。実際にファーム成績もひどいらしい。彼については逆に他球団で活躍してほしい。

それ以外では木村省吾、鬼崎裕司、大崎雄太郎あたりは仕方が無いかなと言ったところ。特にキムショーについては大事なところでやらかしていて殺意を覚えたレベルだったので何の感情も湧かない。岩尾についてはそもそもここ数年は投球自体を見ていないので何も言えない。

思い入れのある選手と無い選手でここまで反応に差が出ることで自分でも驚いている。とはいえいずれの選手でも一度は活躍する瞬間を見てきたわけなので寂しい気持ちはある。どういった分野にせよ健やかに励んでいただきた。

2


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)