【野球】今年の西武はいかなるものか

3月に入ったということで、そろそろ球春到来である。贔屓の西武の情報をざっくりとまとめると、まずこれといった不安要素は無く、むしろ明るい話題の方が多いような気がする。期待の山川穂高は今年は花粉症の影響が少ないらしく、最近の調子から鑑みるに開幕から良いスタートを切ってくれそうだ。またドラ1ルーキーの斉藤大将の投球も見たが嫌らしいサウスポーとしてそれなりに活躍してくれそうに思える。また人的補償として入団した高木勇人はムラはあるが要所で締まった投球をしているので、ローテ候補としては十分に期待できる気はする。

もちろん忘れてはならないのは牧田がいなくなったことである。あの便利屋がいなくなることで西武の勝率は間違いなく下がるだろう。ただ球団側だってそのための補強をしているわけだし、一ファンとしてはそれに期待することしかできない。去年のシュリッターのように、終盤をしっかりと抑えられる投手が出てくることを願う。

とりあえずはこのような感じだろうか。全体としては優勝は厳しく思えるも、戦力的には去年と比較してそこまで衰えるような印象はない。開幕を楽しみにできる要素は非常に多く思う。

正直なことを言えば、個人的には清宮が楽しみで仕方がない。敵の球団ながらあのバッティングは見るものを魅了させるものがありすぎる。公式戦でホームランを打つところが早く見たい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)