【西武】首位攻防第1R

逆転できたのは相手のエラーのおかげなわけだが、それでもヒースが最後の打者を三振にとったときは思わずガッツポーズをしてしまった。やはり投手は他球団が放出した投手を拝借するに限る。ヒースは広島では抑え起用に向かなかったらしいが、それは投手陣が整備されているカープだからであって、西武では文句なしの即戦力だ。

また平井の投球も神がかっていた。一時期は不安定だったがそれは酷使による疲労のせいで、二軍から返ってきてからは元通りのピッチングをしてくれている。リリーフ陣の不安要素も減ってきたし、いけるかもしれない。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)