【西武】今井達也、初登板・初先発・初勝利

今井達也がプロ初登板初先発し、6回1失点でプロ初勝利をあげた。問題を起こしたときは「馬鹿野郎が」と呆れたものだが、あの高卒二年目とか思えないピッチングを見るとどうでもよくなってしまうから現金なものである。ただ球場の反応的にもそう感じている人は多そうだ。野球ファンなんて単純なもんだ。相内も早いところ見返してほしい。

今井は今日の投球を続けられとしたら間違いなく救世主になると思う。実際には疲労が出てくるだろうからシーズンを通しての活躍は厳しいだろうが、ここから5勝ぐらいしてくれたら御の字すぎる。4月ほどポジティブにはなれないが、それでも投手が平均レベルに整備されれば優勝も可能だと信じている。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)