【艦これ】E7「暁の水平線に勝利を──」難易度甲 第二ゲージ(削り)編【冬イベント2018】

まだ第二ゲージの破壊に至っていないので、とりあえず削りだけまとめたいと思います。

攻略編成(削り)

制空は厳しいが基地航空隊で敵制空値を削れば画像の編成でも優勢をとることが可能。第二艦隊についてはほとんど第一ゲージと変わらず。五月雨は嫁枠。削り時の最適編成を追求するなら五月雨→秋月型、摩耶→大井といったところか。この段階では夜戦装備にこだわらなくていい。

重要性を痛感したのが基地航空隊。しっかりと制空を削ってもらわないと航空優勢が取れず悲しいことになる。画像では第一、第二で制空を削り、ノーガード戦法の第三で大ダメージを試みるという感じ。すべてボスマスに投げる。

道中・ボス

特効強化ギミックまでクリアしたならほぼ海域全体のマスに行ったことになるので、ここでは鬼門となりやすいマスだけ取り上げます(第一ゲージのギミック解除時の画像なので編成が上記と違うことに注意)。

初戦となるDマス。瑞鳳が先制対潜を兼ねてくれるので心強い。ただそれなりに倒しそこねるので中破艦が生まれやすい。

最も撤退の原因になるであろうMマス。攻撃を回避できることを祈るしかない。

上記以外のマスはそれほど怖くはない。

ボスは「深海鶴棲姫」。髪型は鶴が舞う姿を表現しているのか、彼岸花をイメージしているのか、それともトナカイなのか。

編成としてはそれなりと言った感じ。ダイソンを倒せるかどうか鍵となるだろう。

結果

前述のとおり基地航空隊の計算ミスにより削り時のほとんどで航空優勢を取ることができなかった。原因は最終段階の制空値に合わせて計算していたからでした。たまには自分で計算してみようと思ったらこれさ。

とはいえボス到達率は高く最初の出撃から5連続でボス到達と順調な滑り出し。かと思えばそこから4連続で道中撤退したりとよくわからない状況となった。

そんなこんなで出撃11回でラストへ突入となった。しっかりと優勢を取れていればS勝利を取れた周も多かったし、もっと出撃回数を縮められただろう。あと当初は大和と武蔵を使っていたが完全に資材の無駄だった。

ゴールまであとわずか。がんばります。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)