【艦これ】E5「ダバオ沖哨戒線」難易度:甲 攻略後記

E5の攻略に臨みたいところだが、この海域では「初実装の平戸、秋霜のドロップ」が確認されている。しかし道中やボスの凶悪さから攻略後の掘りには向かないということで、とりあえずは難易度丙での掘りを実行することにした。

「平戸」「秋霜」掘り(丙)

やり方については以下のページをそのまま採用した。

【秋イベ】E-5 ゲージリセット丙丁掘り(平戸秋霜)【南方作戦】 | ぜかましねっと艦これ!

最終海域直前のゲージリセット掘りは緊張感が伴うので早めに終わりにしたいところだったが、幸いにもかなり少ない周回数で掘りを終わりにすることができた。

まず海防艦「平戸」は一度のゲージリセットを経た5周目にてドロップとなった。ガシャンあり&低ドロップ率でありながらこの周回数に収まったのは奇跡としか言いようがない。

その後の第二ゲージでの9周目にて秋霜もドロップした。

やはり終盤ということで無駄に資材を消費したくはなかったのでこの結果は非常に満足がいくとともに安心した。攻略に移るとする。

難易度選択について

個人的にはE5は難易度乙での攻略を推奨する。難易度甲の難しさに反して報酬の差がほとんど無いからである。自分は条件反射的に甲で攻略してしまったが、おそらく無駄に時間と資材を使ってしまったと思われるのでそれなりに後悔している。これが最終海域なら甲種勲章もあるので話は変わってくるのだが。

第一ゲージ

潜水艦マップということで対潜重視となる。

編成(通常艦隊)

対潜装備はもちろん三点シナジーが理想だが、特効艦ならとりあえず先制対潜できるようにしとけば大きな問題は無いという感じ。

基地航空隊は陸攻部隊を道中の通常戦マスに投げる(自分の場合はEマス)。東海部隊はCマスとJマスに分散させた。

道中・ボス

潜水1通常2という配分。

見慣れたような、ひさしぶりなような。

とりあえず第一ゲージということで特に苦戦はしない。

結果

普通に周回し、普通にクリアした。

クリアすると第二ゲージが出現する。

第二ゲージ

水上打撃部隊を編成する。

編成(連合艦隊)

 

ボスマスにて長門の特殊砲撃を使う想定。削り段階では制空値が過剰気味なので、軽空母の装備などをもう少し詰められるような気はする。逆に破壊段階だとカットイン艦が不足気味かもしれない。修正の余地の多い編成だとは思う。ゴリ押ししたが。

基地航空隊は削りと破壊で使い分けた。

削り 東海部隊はA・Cに分散
破壊

支援艦隊については道中が安定せず、またボスでも手数に欠けるということで、両方を出した。

道中・ボス

ACEFIKOを通るが、軽空母二隻だとランダムでBマスへ逸れる模様。とはいえ制空はバッチリなので空襲マスで被害は出にくい。

ボスは空母おばさん。ゲージ破壊段階になると二体に分裂するためかなりキツイ。

結果

撤退が多く、ボスも倒しきれないことが多く削りの段階から苦戦を強いられた。また道中が長いのが地味に鬱陶しい。出撃11回目にて削りが終わる。

そこから未撃破や撤退を繰り返した出撃20回目。友軍撤退時にボス一隻にまで追い詰め、最後は初霜がギリギリのところを決めてくれた。

かなりの資源と労力を費やしてしまった。おとなしく乙で攻略すればよかったと思わずにはいられない。

海域撃破ボーナス

共通:戦闘詳報
+ 甲作戦:緊急修理資材x4、5inch連装両用砲(集中配備)★+2、勲章、新型航空兵装資材x2

乙との差は緊急修理資材が一つ多いことと、新型航空兵装資材があること。両方とも余り気味のアイテムなので、甲で攻略するのは完全に趣味だろう。

おわりに

苦戦してしまったが残りは最終海域。さっさと終わらせて新艦の育成がしたい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)