【艦これ】E4「サマール沖 その先へ──」難易度甲 ゲージ削り編【冬イベント2018】

長くなりそうなので削りと撃破で分けます。ちなみに現段階でボス撃破はできていません。

ボスマス出現ギミック

「条件は南ルート終点のNマスにおいて甲でA勝利以上」となっている。E2で編成した西村艦隊をそのまま出撃させれば特に苦労することもなく解除できるはず。

A勝利が条件となるNマスは戦艦四隻とインパクトはあるが、夜戦ならそれほど怖くない。こちらの数も多いわけなのでA勝利は容易だ。

支援艦隊および基地航空隊を使うことなく無事にギミック解除することができた。

攻略編成(削り)

ゲージ破壊とは微妙に異なる編成を組んでいく。

道中が非常に厳しいため大和型二隻採用の超重量編成を組んだ。これでも大破するときはする。

この海域で問題となりがちなのが制空値である。道中のO、Qマスで航空優勢をとるには非常に高い数値が求められるので均衡で妥協するのが主流のようだ。戦艦なら連撃でなくとも軽空母を一撃で中破以上に持ち込めるので大きなデメリットにはならない。

また上記の編成の場合、ボスマスに基地航空隊を派遣しないと航空優勢がまず取れない(上位の水戦や改修次第では安定して取ることも可能か)。ただボスおよびRマスでは史実栗田艦隊に特効があるようなので、それで無理矢理に削っていく方法を選んだ。

基地航空隊は最大の関門であるRマスに集中派遣することで少しでも撤退を減らすことを意識した。とにかく重い編成なわけなので、とりあえずボスに行く確率をあげるほうが精神衛生上よろしいと思う。支援艦隊は道中・決戦の両方を使うのは言うまでもない。

Rマスは陸攻4で届く。第二部体も同様。

道中・ボス

後半の通常戦闘3回がどこも大破の危険をはらんでいて嫌になる。

Aマスは潜水艦。単横陣のときもあるので通り抜けは容易だが極稀に大破することも。

空襲戦その1となるEマス。対空要員がいれば特に問題はない。

空襲戦その2となるIマス。問題はない(たぶん)。

いよいよこの海域が牙をむき始めるOマス。旗艦のフラヌ改は黒艦載機を持っており、当たると戦艦でも一撃大破の可能性がある。回避か中破で留まることを祈る。

Qマスも上記と似たような編成。危険性も同じぐらい。

そして問題のRマス。第一艦隊がALL戦艦かつ陣形が戦闘隊形ということでどこからでも大破させてくる。キラ付けや航空隊派遣で突破率を上げることができるが大きな期待はしないほうがいい。

ボスは初登場の「護衛棲水姫」。E4突破報酬であるGambier Bayがモデルで間違いないだろう。

随伴艦はそこまで強力ではないものの、ボスは耐久、装甲ともに高いために撃破は容易ではない。

結果

道中の安定を重視したのでボス到達率はなかなかに高かったが、やはりボス戦で手数が少ないのでS勝利がなかなか取れない。結果的には削り時でS勝利が取れたのはたった一回のみだった。

出撃14回中ボス到達10回で削りは終了という感じに。安定はしたものの出撃回数が多目になったので資源の節約になっていない気はする。改善案としては「軽空母二隻にして制空を重視する」「基地航空隊を片方はボスへ派遣する」といったものがあるが、一方で道中撤退の可能性も上がるわけなので一長一短。

とりあえずの出撃記録はこのような感じ。

言い忘れていたが、出撃8回目にて海防艦「大東」がドロップした。

(※ネタバレ画像注意)

今回はいっさい掘りをする気がなかったので入手できて嬉しい。駆逐艦「Jarvis」も出てくれると気が楽になるのだが。

不安はあったがそれほどストレスもなく削りが終わってよかった。ここからが本番なのかもしれないが。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)