【艦これ】E3『発動!「光」作戦』難易度甲 ゲージ破壊(ラスト)

いよいよ全ての締めくくりとなるゲージ破壊へと乗り出す。特に作戦とかはない。ここまで培ってきた知識をぶつけるだけである。

編成とかもろもろ

艦隊編成

特に言うこともないテンプレ編成である。削り時と比較すると、第二艦隊を対空重視ではなく夜戦での火力重視にしたぐらいであろうか。もうひとつ、地味な変更としてItalia、Romaに装備していた「38.1cm Mk.I連装砲」を少しだけ命中精度の高い「試製35.6cm三連装砲」に変えたのだが、目に見えて攻撃が当たるようになった。多少は命中重視にしても戦艦なら一発で敵の中心戦力となっている空母を容易に中破以上まで追い込めるので、装備はまず命中の上がり幅の大きいものにしたほうがいいように思った。

基地航空隊

キャプチャをし忘れたが構成としては

  1. 艦戦×2、陸攻×2
  2. 艦戦×1、陸攻×3

だった。心情としては第一も陸攻を三つにしたいところだが「未帰還機多数」となったのでこのような感じに。これでも当たれば空母棲姫には大ダメージが出るので問題は無かった。

支援艦隊

正直それほど効果が高いとは思えなかったが、雑魚を削ってくれればそれだけ主力に攻撃が通るわけなので、キッチリ出すべき。ここまできてケチる選択肢もないだろうけども。

出撃記録、そして……

初出撃は航空マスで撤退したものの、その後は二連続でなんとかボスへ到達できた。

ボスは深海双子棲姫(壊)。ドラえもんが「戦争はどちらも正しいと思ってやっている」と言っていたのを思い出す。言い換えればどちらも間違っているのである。

フル戦力を投入しているので「ボスにさえ行けばクリア確実」と思っていたが、そんなに甘い世界ではない。肉薄はするものの、要所で望む展開にならなくてボス撃破にはならず。

到達1度目
2度目

しかし来る時は来るものである。出撃4回目。ここでほぼ被害艦無しでボスへ到達。ここでまず基地航空隊が狙い通りに空母おばさんの片割れを撃墜。また支援&阿武隈北上の衝突コンビの雷撃でよい感じに随伴を撃破。いきなりかなり戦いやすい状況に。

基地航空隊後
支援&雷撃後

そしてここからが凄い。第一艦隊の戦艦ズが狙ってほしい艦をことごとく狙い、しかもそれでいてバンバンなぎ倒し、期待を遥かに超える活躍。最後の雷撃が終わる頃には旗艦一隻のみとなってしまった。しかもほとんど被害なし。

もう最後は「誰がフィニッシュを決めるか」ということしか気にならなかったが、雪風がカットインでキッチリ決めてくれました。雪風はラストで参加してもらうことが多いが、フィニッシュを決めるのは地味に初めてかもね。

そういうわけで最後はアッサリと終わった。終わるときってこんなもんだね。

クリア報酬

感慨にふけっている暇はない。報酬を見ていこうグヘヘ。

ネジ8個。改修の必要性を感じるこの頃なのでありがてえ。

勲章2個。余りまくっているが、非常時の資源供給源となるのでいくらでもあっていい。

彩雲(東カロリン空)。性能としては完全に彩雲の上位互換。輸送段階で2個消費した甲斐があったかも。

そしてそして、新艦である潜水艦・伊14。勝手に伊13の姉だと思っていたが、実は妹らしい。姉と同様に三スロットなのが大きい。また改造すると試製晴嵐を持ってくる。

※ネタバレ画像注意

最後は甲勲章。呪縛が。

おわりに

そういうわけでゲージ破壊段階になってからは、出撃4回でクリアとなった。削りで苦戦しただけに心配だったが(特に道中が)、意外と容易に攻略できて一安心といったところである。

イベントもまだ残り一週間弱はあるわけだが、残り期間は適度E1の潜水艦掘りをしつつ、備蓄に重点を置いていく所存である。全体の振り返りはまた別記事でまとめます。

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)