【艦これ】E3「敵戦力牽制! 第二次AL作戦」難易度:甲 攻略後記

前段作戦最終となる海域。ダブル戦力ゲージを攻略していく。

第一ゲージ

編成

高速統一の水上打撃部隊を編成。

特効艦を中心に選べば良し。ボスの装甲が硬いのでタシュケントがフィニッシャーとしても優秀。場合によってはもう一隻ぐらいカットイン艦がいても良いかと思った。

基地航空隊は両方をボスマスへ集中。残り一部隊は防空。

支援艦隊は未使用とした。

道中・ボス

道中の鬼門はLマス。見たまんまに危険。

ボスは重巡棲姫。

随伴は大して強力ではないので夜戦までにボスのみにしたい。

結果

削り段階は非常に順調。到達さえすればS勝利は容易だった。しかしラスダン突入から大破撤退が相次いで躓いてしまった。

一度の未撃破を経た出撃14回目。残り耐久3まで追い詰めた重巡棲姫をタシュケントのカットインが沈めてくれた。ギリギリだった。

結果としては可もなく不可もなくといった攻略だった。

この後に出撃地点追加のギミックがあるが解除は容易なため割愛。

第二ゲージ

編成

高速統一の機動部隊を編成。

ゲージ破壊時の編成となっているが削り時にも使える。削りでは第二艦隊に木曾を追加したり、Richelieuの徹甲弾を三式弾に変えたりということが可能。ただこのあたりは好みという感じ。

基地航空隊はボスへ集中。画像はゲージ破壊時のもの。削り時は拮抗調整のため、第一の陸攻1を「一式戦 隼III型甲」にしていた。

支援艦隊は道中・決戦ともに使用。決戦支援はPT対策も兼ねて命中重視の装備にした。

道中・ボス

道中・ボスともに非常に厳しい。どのマスでも大破撤退する可能性はあるが、最も辛いのがヲ級改の鎮座するJマス。道中支援を使う理由はこのマスをなるべく少ないダメージで通り抜けるためである。

ボスは初登場の「北方棲姫」。可愛らしい姿形に似合わない装甲を誇る。

おまけにボス編成は陸上型だらけであり、さらに第二艦隊にはPT子鬼がいるなど嫌らしさの権化となっている。

結果

削りは順調だったものの、やはりラスダンになってからの調子が悪い。Jマスでの撤退が相次ぎ、またキラ付けの手間などもあるため実際以上に時間がかかっているように感じた。

出撃17回目。クソ友軍の帰還後にボスと随伴一隻を残すだけという期待大の状況に。

じわじわと削っていき、最後はガンちゃんが決めてくれた。このドヤ顔である。

出撃回数は思ったより少なかったが、現実時間では3日かけて攻略していたのでやはりかなり長く感じた。

海域撃破ボーナス

  • 烈風改二
  • 烈風改(試製艦載型)
  • 新型航空兵装資材x2
  • 勲章x2
  • 改修資材x8

目玉はやはり「烈風改二」。制空+13を誇る。

また共通報酬として「G.Garibaldi」も艦隊に加わる。

正直なところ見た目がかなり好みなので早く育てたい。性能面も4スロ&高火力ということでかなり強い。

おわりに

これにて前段作戦は終了だが、高難易度海域の連続で早くも疲弊気味。

続くE4もかなりの難易度ということなので覚悟して臨みたい。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)