【艦これ】E3「捷一号作戦、作戦発動!」難易度甲(ゲージ2) 攻略後記

ゲージ二本目は輸送作戦となる。E3における鬼門と呼ばれているので引き締めていきたいところ。

編成

浦波・鬼怒・青葉の三隻を組み込むことで低速艦を採用しつつ最短ルートを通ることが可能になる。大鷹は制空を稼ぎつつ火力も発揮できるので非常に有用。第二艦隊は先制対潜を入れておくと安定する。ボスがそれほど強力ではないのでそこまでガチガチに固める必要はない。

輸送作戦は道中のそれぞれが最大の鬼門なので、基地航空隊をまんべんなく配置していく。一方をB、Eマスへ投入し、もう一方を潜水艦のいるDマスへ集中させる。

支援艦隊は道中支援を入れておくとそれなりに安定する。ただ盤石とは言えないので撤退は常に覚悟しておいたほうがいい。決戦支援は不要。

道中・ボス

B-D-E-H-Jを通っていく。

Bマスは1ゲージ目でも通った水雷戦隊マス。ただ輸送艦隊だと警戒陣で来られたときにかなり厳しくなる。

潜水艦隊のDマス。この海域のなかでは比較的安定して通過できるマス。
※キャプチャミスのため、画像なし※

Eマスは昼戦における重巡が怖いと見せかけて、実は残った時の雷撃が怖い。

ボスマスは駆逐古姫が鎮座する。ただ厄介なのは古姫よりも、確率で随伴として現れるレ級。S勝利の確率がかなり下がる。

やはり道中をいかに抜けるかが鍵となる海域である。ボスは手強くない。

結果

最初は道中支援を使わなかったので撤退が相次いだ。4周目から道中支援を加えることでそれなりに安定するようになった。ただ先ほども言ったようにある程度の撤退は避けられない海域であり、2~3周に1回は撤退することになった。

誤出撃があったりしてグダグダしたが、結果的には14周目にて輸送完了。こんなにかかってしまって不運だったのか、この程度で終わって良かったのか。微妙なところである。

やはり輸送作戦は好きになれないが、強いていえば浦波・鬼怒・青葉という普段では運用しない艦を使えたことが良かったかも。

出撃記録は以下のようになった。こうして見るとやはり道中支援を使ってからの安定感が凄い。

ギミック解除はしておいたので無事に最終の戦力ゲージも出現した。

0


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)