【艦これ】E2「本土防空戦」難易度甲 掘り&攻略後記

E1がスルッと終わったので、勢いそのままにE2へと繰り出した。攻略と行きたいところだったが、新艦である駆逐艦「山風」が道中のCマスおよびボスマスでドロップするとのことなので掘りを優先させることにした。

前回のイベントで最も足を引っ張ったのがAquilaの丙掘りだったので、今回はさっさとお迎えしたい。なんてことをボンヤリ考えていたら、なんと二週目のボスマスにてドロップしました。ヒャッホウ。

screenshot_718

嗜虐心をくすぐる顔やボイスがたまらない。思えば2015夏イベの海風も4周ほどでドロップしたので、白露型とは相性が良いのかもしれない。

丙掘りも予想に反してアッサリと終わってしまったので、あとは攻略である。難易度は報酬に大差がないので乙でやることも考えたが、そこまで鬼畜難易度というわけでもなさそうなので結局は甲を選ぶことにした。

E2は言ってみれば普通の海域なのだが、それだけに攻略方法はいくつかある。なかでもポピュラーなのが「潜水艦ルート」と「二航戦ルート」だ。自分は二航戦ルートを選択した。潜水艦隊もおもしろそうには思ったが、一周に時間がかかるらしいし、索敵値を稼ぐのも大変そうだし、ボスを撃破できない可能性もそこそこありだしと、罠の臭いが強かったので。

そういうわけで編成は「飛龍・蒼龍+重巡2+駆逐艦2」となった。

%e6%94%bb%e7%95%a5%e7%b7%a8%e6%88%90_005

大切だったのは「夜戦時を考慮して重巡を先頭に持っていくこと」「対空カットイン艦を使用すること」だろうか。画像では足柄に夜偵を装備しているが、この編成例だとボスマスは制空均衡で妥協しているので必要なかったかもしれない。

また基地航空隊もこの海域から使用できるが、まず第一部隊はこんな感じとなった。攻撃ではなく、敵の航空戦力を削ぐことを目的とした編成である。Kマスとボスマスに分割配置。

kancolle_20161124-01

当初は陸攻マシマシでボスマスに集中させていたのだが、それだと道中撤退が相次いだので結局はこの編成となった。偶然かもしれないが、こちらにしてからは道中撤退が無くなり、S勝利も安定した。

また第二部隊は防空とした。テンプレ通りの編成。

screenshot_720

また支援艦隊も道中・決戦共にフル活用した。基地航空隊の攻撃が無いわけなので、決戦支援は正規空母や長門陸奥を使用するなど、特に重めにした。

道中は四戦。通常マスと航空マスが交互の、なんとなく鬱陶しい海域である。敵はそこまで強くないのだが、駆逐艦が事故ることがわりと多かった。

kancolle_20161124-02

ボスはヲ級ダブル。地味だが嫌な組み合わせである。

kancolle_20161124-03

削り段階の当初はS勝利があまりできなかったり、撤退が続いたりで苦戦が予想された。ただ前述の通り、重巡を先頭にしたり、基地航空隊の編成をデバフにしたりという変更が功を奏したようで、そこから連続S勝利。一気にゲージ破壊段階となった。

ボスも削り時とあまり編成が変わらず、同じ編成で一発クリアできた。昼戦では中破が相次いで不安だったが、夜戦で那智が大ダメージを叩き出して旗艦をぶっ飛ばしてくれた。

kancolle_20161124-04 kancolle_20161124-05

以下は出撃の内訳である。こうして見るとそれなりに順調だったように見える。資源も各5,000程度の出費で済んだ。

  1. 削り失敗
  2. S勝利
  3. ゲージ削り
  4. 道中撤退(Jマス)
  5. 道中撤退(Kマス)
  6. ゲージ削り
  7. 道中撤退(Jマス)
  8. ゲージ削り
  9. S勝利 ←基地航空隊の編成を変更
  10. S勝利
  11. ゲージ破壊

ではお楽しみの報酬である。まずは甲のみ入手できる「大発動艇」。正直なところ大量に持っているのでそんなにいらない。

kancolle_20161124-06

そしてアメリカ産の艦上爆撃機「SBD」。性能は低いのでマニア向け装備だろうか。

kancolle_20161124-07名前の意味は以下の通り。

「S」「B」はそれぞれ偵察(Scout)と爆撃機(Bomber)の略で、「偵察爆撃機」を表す機種記号。そして、「D」はダグラス社を表すメーカー記号である。

こちらも同じくアメリカ産の「TBD」。分類としては艦上攻撃機で、「『TB』は「雷撃爆撃機」(Torpedo Bomber)を表す機種記号」とのこと。こちらも性能はお察し。

kancolle_20161124-08

E2にしては少し骨があったが、振り返れば順当にクリアできたように思う。次が前段作戦のラストであり、ヤバイと噂のE3である。行きたくない。

kancolle_20161124-13

kancolle_20161124-11

1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)